正しい歯磨きが大事な理由とその方法について

正しく歯磨きをすることはとても大事です。

http://shonan.itigo.jp/

なぜ大事か、その理由は歯垢(プラーク)を除去する、ためないためということになります。

プラークがたまると細菌が発生して、口臭の原因となります。

またその結果、他の病気を引き起こす原因になる場合もあります。

正しい歯磨きの方法

歯磨はまず3食後数十分以内に丁寧に行うことが大事です。

昼間はきちんとできないという方は、夕食後の歯磨きをしっかりするようにしましょう。

磨くときは、歯ブラシの毛先が軽く当たる程度で小刻みに、1本ずつ丁寧に行うことが利用です。

強く押し付けて磨いたり、おおざっぱに磨いても細かな場所はまったくきれいになりません。

歯と歯茎の間などは毛先が45度の角度になるようにイメージするとよりきれいに磨けます。

まとめ

正しく歯磨きをすることが大事な理由は、きれいな見た目を保てることもあります。

そしてもっと大事なことは、口腔内の細菌を減らすことで口臭も減り、その結果健康も維持できるということになります。

歯磨きの大事さを理解して歯磨きをすると、より丁寧にできるようになるでしょう。

歯磨きは、その方法を間違えているといくら一生懸命磨いたつもりでも、全然きれいになっていない、ということもあるのです。

歯ブラシを正しく使用し、自分にあった歯ブラシを選ぶなど、毎日の歯磨きを面倒な仕事ではなく、楽しい作業にできるような工夫をしていくとより良い結果につながるでしょう。